相続における遺言書

遺産相続においては、前もって遺言書が書かれている場合があります。
遺言書は普通方式で書かれるのが一般的であり、以下のものがあります。
○自筆証書遺言・・最も簡単な遺言書の方式で、費用がかからず、証人も不要なので、作成事実や相続内容について、秘密にすることができます。
ただ、法律の定めに即していなかったり、内容が曖昧だったりすると、遺言自体が無効になることがあります。
○公正証書遺言・・公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。
原本は公証人役場で保管するので、紛失しても再発行ができます。
○秘密証書遺言・・遺言の内容を誰にも知られたくない時に用いられますが、滅多に使われることはありません。

none

MENU

更新情報

自分の財産に対する相続の分配方法を自分で決めたい場合は、事前に遺言書を作成し、相続の内容を記しておく

相続における遺言書の書き方

遺言書を作成すると、法定相続人以外の人に遺産を相続させることができます。
しかし、残された家族

相続における遺留分

父親が亡くなった場合、母親と子が遺産を相続することになりますが、遺産というのは財産ばかりとは限りませ

相続の放棄

妻の父が亡くなり、葬式や四十九日などの法要を無事にすませたあと、義父に思いがけない財産があることがわ

大金を相続した妻

Copyright© 相続 All Rights Reserved.

相続における遺言書